赤ちゃんは乾燥しやすい肌質です|こまめな保湿で潤いを保つ

すべすべ肌を守るために

女性

赤ちゃんの肌はきめ細かくすべすべですが、大人の皮膚よりも薄いためデリケートであり、適切なお手入れをしないと乾燥しやすいという特徴もあります。お手入れの基本は、入浴時に皮脂をきちんと落とすことと入浴後に保湿をしてあげることです。この二つの場面で工夫するとよい点はいくつかあります。まず入浴時ですが、赤ちゃんの体を洗うときはよく泡立てた泡で洗ってあげるようにしましょう。ごしごしこすったり、手で直接洗剤をつけたり、ボディタオルを使ったりすると肌が荒れるおそれがあり乾燥につながります。優しく洗い、きちんと流すのがポイントです。また、保湿するときには夏と冬で保湿剤を変えると良いでしょう。乾燥しやすい冬はより保湿性の高いものを選ぶのがおすすめです。

赤ちゃんの体を洗うときは、洗い残しやすい部分があるのでそこを把握しておきましょう。洗い残しやすいのは、耳の裏、膝の裏、太股の付け根、手首のしわの中です。しわになっていて皮膚が重なっている部分に垢やほこりがたまりやすいため、そこを注意して洗うようにしましょう。皮脂が残っていると肌の新陳代謝がうまく行われず乾燥しやすくなります。また、入浴後の水気の取り方も重要です。ごしごしこするのではなく、ポンポンと水気をタオルに吸わせるようなイメージでおさえぶきするようにしましょう。動くようになり逃げ出す赤ちゃんには、フード付きのタオルやざっと着せられるバスローブなどを利用するのも一つの手です。こうしたポイントをおさえてすべすべ肌を守ってあげましょう。