赤ちゃんは乾燥しやすい肌質です|こまめな保湿で潤いを保つ

健康な肌を維持する

女性

肌を清潔に保つ

赤ちゃんの肌は、まだ未発達で大人の肌のように外的刺激から守るにはまだ不十分であると言われています。デリケートでちょっとした刺激にも負けてしまうことがあるので、ケアには十分気を付ける必要があります。ちょっとした摩擦や乾燥から肌がかさついて痒みが出たり炎症を起こすことがあります。赤ちゃんの肌を乾燥から守るためには、ベビー用の低刺激の石鹸を使って清潔に保つようにすることが基本になります。必要以上に洗い過ぎたり衣類の摩擦にも気を付ける必要があります。よだれや食べ物の食べ残しなどが顔や体についているとそれが原因で肌が乾燥しやすく、かぶれることもあるので拭き取るなどしてなるべく清潔な状態を保つことが大切になります。

保湿はオイルを使う

赤ちゃんの肌を乾燥から守るには、しっかりと保湿を行うことも欠かせません。保湿には様々なタイプのものがありますが、赤ちゃんには低刺激性で伸びの良いオイルが適していると言われています。オイルを使うことで、肌の表面に油分の膜が出来るので肌の内部に潤いを閉じ込めて外的刺激を受けにくくなります。季節の変わり目や冬場は特に乾燥しやすくなる時期であるため、いつも以上に保湿を心がける必要があります。乾燥が気になる時は、こまめに何度も塗りなおすことも大切です。一日のうちでも入浴後は特に肌が乾燥しやすくなるので、しっかりと保湿を心がけて肌を乾燥させる紫外線にも気を付けながら意識して紫外線対策を行うことも大切です。