赤ちゃんは乾燥しやすい肌質です|こまめな保湿で潤いを保つ

肌への対策

赤ちゃんグッズ

赤ちゃんを持つ親の悩みには様々なものがあるが、それらの悩みとして乾燥肌で悩まされるケースが多くなっている。赤ちゃんが乾燥肌になる原因には、いくつかのことがある。まず、赤ちゃんでは肌に潤いがあり乾燥しないと考えられがちであるが、乾燥するケースが多くなっている。赤ちゃんの肌が乾燥する原因として、空気の問題がある。大人と同じように、空気の影響を受けやすい。特に冬場など空気が乾燥する季節においては、大人と同じようにカサついた状態に陥りやすい。また、肌の汚れが原因になるケースもある。赤ちゃんでは肌のバリアが弱い状態である為、肌についた汚れが原因でカサついてしまうことも多くなっている。解決には、まずはこれらを取り除くことが重要になる。

赤ちゃんの乾燥肌対策としては、空気の乾燥を防ぐために加湿器を使用することや、保湿クリームなどを塗り保湿を行うことなどがある。保湿クリームによる対策を行う際の注意点としてまずあるのが、低刺激のものを使用するということがある。赤ちゃんの肌は敏感であり、外部からの刺激を受けやすい状態になっている。その為、大人用の保湿クリームなどを使用すると、肌が荒れるなどトラブルになるケースがある。その為、保湿クリームを使用する場合には、必ず赤ちゃん用のものを使用し、刺激が少ないものを使用する点に注意が必要になる。特に添加物が多く含まれている製品では、その添加物により肌が反応してしまうケースがあるため、無添加の製品の利用が有効である。