赤ちゃんは乾燥しやすい肌質です|こまめな保湿で潤いを保つ

肌への対策

赤ちゃんグッズ

赤ちゃんを持つ親の悩みの1つとしてあるのが、肌の乾燥である。赤ちゃんの乾燥肌対策としては、加湿器での加湿や保湿クリームの使用である。保湿クリームを使用する場合には、赤ちゃん向けの低刺激のものを使用する必要がある。

More Detail

保湿効果を高める対策

子供

デリケートな肌のために

赤ちゃんの肌はとても乾燥しやすいところがあります。体内の水分量が少ないために、保湿をしてあげないと肌がカサカサな状態になってしまいます。その肌のかさつきが赤ちゃんに不快感を与えてしまうので、快適な状態にさせてあげるためにも注意しなければいけません。この乾燥対策になるのが、毎日のお風呂で正しく体を洗っていくことと、そのケアの仕方です。お風呂は、泡立てたボディソープを手のひらに付けて優しく洗っていくようにします。そして洗い残しがないようにしっかり洗い流し、柔らかいタオルで軽く拭いていきます。次にローションやクリームなどを使って、赤ちゃんの肌を乾燥から守っていくようにします。この作業はお風呂上がりから早めに行うようにし、優しく全体を覆うように塗っていけば安心です。このようなことを意識しておけば、赤ちゃんの乾燥を悪化させることなく予防にもなります。

保湿に効くケア用品

赤ちゃんの乾燥対策に役立つケア用品に、ローションやクリームがあります。これらは赤ちゃん専用に販売されているものがよく、低刺激な成分で乾燥した肌に保湿を与えていきます。ローションは伸びがいいので肌に塗りやすく、夏の暑い時期でも使っていける心地よさがあります。そして、クリームは保湿力も高く、冬の寒い時期にはぴったりな役目を果たしてくれます。このような効果から、乾燥しがちな肌でもすぐに対策をしていくことができます。症状が悪化しても、正しいケアを毎日行っていけば症状も落ち着いてくるようになります。赤ちゃんの肌にトラブルが起こってしまったときは、慌ててしまう人も多いですが、対策を把握しておくことで落ち着いて対処ができます。日ごろからこういったケア用品を用意しておき、万全な対策を整えておけば安心です。

すべすべ肌を守るために

女性

赤ちゃんの肌は皮膚が薄くデリケートなため乾燥しやすい。そのため、入浴のときに適切なお手入れをする必要がある。入浴時には、よく泡立てた泡で優しく洗うのがポイントで、しわの部分など洗い残しやすいところに注意するとよい。風呂上がりにはおさえぶきでふき、保湿剤も季節により変えるのがおすすめである。

More Detail

健康な肌を維持する

女性

赤ちゃんの肌は乾燥しやすいため、まずは毎日肌を清潔に保つようにします。そして、保湿を心がけるようにします。低刺激性の伸びの良いオイルを使うようにして、こまめな保湿を心がけることも大切であると言えます。

More Detail